自動体外式除細動器とも言うAEDは会社に常備しておくと、いざという時に役に立つ可能性があるアイテムです。この装置は、必要な人に電気ショックを与える目的で設置されています。心室細動になると、心臓は全身に血液を送ることができなくなります。そのようなときに使用して電気ショックを与えることで、心臓が正常に再び動き出す可能性があるのです。

AEDは会社だけでなく、学校や駅・空港など様々なところに設置されています。2004年から一般の人でも使用することができるようになり、必要な時にはいち早く使用することで倒れた人の命を助けられる可能性があるアイテムです。人が多く集まるところに設置されることが多いAEDは会社にあると、社内で必要とする人が現れたときに便利です。もし備えがなかったら、救急車が到着するまで待たなくてはならなくなってしまいます。

心室細動を治すためには、心臓に電気ショックを与えることが不可欠です。しかし出来るだけ早くおこなう必要がある点も、知っておきたいポイントとなります。成功率は時間の経過とともに減少するので、時間が経ってしまってからでは、再び心臓の動きを正常にすることが難しくなってしまうからです。このようなことから従業員の命を守るためには、AEDを会社内に設置しておくことがおすすめです。

救急車が到着するまで待っていると、成功率はかなり下がってしまうことになりかねません。到着前にAEDを会社で使用できるようにしておくことをおすすめします。AEDの会社のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です