心室細動を起こして倒れた人を救う可能性がある医療機器の1つはAEDで、その機能には血液を全身に送れなくなっている心臓に電気ショックを与えるというものがあります。このショックによって、心臓は正常な動きを取り戻せる可能性があります。心室細動が起きたときには、できるだけ早い段階で電気ショックを与えたほうが正常に戻せる確率が高いです。しかし時間が経ってしまうとその分確率が低くなってしまうので、早めに対処する必要があります。

AEDの機能には、自動で心臓の動きを解析して必要な人にのみ電気ショックを流すというものがあります。心電図を解析することができるようになっているのです。そのため間違って必要ない人に電気ショックを与えてしまうことはありません。このようなところも、医療従事者でなくても使うことができるようになっている特徴の1つといえるでしょう。

ほかにもAEDの機能には音声によるガイドがあります。次に何をすればよいのかを音声で知らせてくれるので、使い方がわかりやすいということがそのメリットです。さらに製品によっては液晶画面が付いていて、イラストやメッセージが表示されるようになっているものもあります。こちらのタイプも、より分かりやすいため優れたAEDの機能といえます。

また、大人だけでなく子どもに使用することもでき、モードを切り替えることで子どもや大人のそれぞれに対応する出力に調節することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です