AEDとは自動体外式除細動器のことで、AutomatedExternalDefibrillatorの頭文字からエーイーディーと呼ばれています。心停止などが起こった傷病者に使用すると機器が自動的に心電図の解析し、心室細動には除細動を行う機能が付いているので、急を要する傷病者をその場で救うことができる医療機器です。施術者が非医療従事者でも使用できるのでスーパーや学校など多くの人が集まる場所に設置されており、近年はレンタルで借りることができるためを設置する会社も増えています。AEDの主な機能は傷病者の胸に電極パッドをはりつけて調べる心電図解析と電気ショック、非医療従事者への音声による胸骨圧迫サポートです。

これらの機能が付いた一般的なAEDが買い取りの場合20万円から35万円程度、リースやレンタルの場合は月額4500円から6000円程度で、これより高性能だと買い取り価格もレンタル代も高くなります。胸骨圧迫サポートにさらに胸骨圧迫の深さやテンポを探知してフォローする機能や、バッテリーの残量などを自動で確認できるよう遠隔管理ができる、大人も未就学児にも対応できるように切り替えスイッチが付いているのが一般的な高性能AEDです。さらに防塵や防水機能が付いている、電車内で使用しても誤作動しないような耐振動設計、雑踏の中でも使用できるように音声のボリュームがオートになっているなどのAEDも高性能のため高額になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です