突然心臓に激しい痛みが走るとき、それは狭心症のサインかもしれません。狭心症とは、冠動脈の血液の流れが悪くなることで起こり、完全に血液の流れが止まってしまう心筋梗塞につながりかねません。仕事や人間関係のストレス、普段の食生活や運動不足などの習慣が原因となっていることが多いので注意したいものです。もし外出先で心臓が止まってしまったら大変なことです。

そのまま放置すれば死んでしまうわけですが、心臓をマッサージしたり、AEDで電気ショックを与えたりすることで再び心臓が動き出す可能性もあるので、緊急の措置が必要となってきます。最近は様々なところにAEDが設置されるようになってきているので、もしものときには使えるようにしたいものです。通常、使い方に関しては分かりやすくケース内に絵で描かれてあったり、機器の液晶画面に表示されたり、音声でガイドしてくれるタイプもあり、初めての人でも使うことができるようになっています。AEDを設置する側の施設では社会的な責任から設置することになるわけですが、レンタルの場合は月々5、000円前後の費用が発生します。

AEDは消耗品であるバッテリーや電極パッドなどが高額であるため、購入するよりもレンタルがメリットが大きいです。レンタルであれば消耗部品の交換の際に費用は発生することはありませんし、万が一の盗難にも対応しています。ニーズに合わせて機種を選ぶことが可能なのも魅力です。AEDのレンタルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です