日本では年間約8万人弱の方が心臓発作で亡くなっています。この数は1日に換算すると約200人、7分に1人の割合となります。いま新型コロナウイルスばかりが騒がれていますが、このような心臓発作による突然死も多くあることを忘れてはなりません。119番に通報をしてから救急車が到着するまで、平均8.7分の時間を要します。

場所によってはそれ以上の時間がかかってしまうこともあるでしょう。心臓発作が起こした場合、1分が経過するごとに10%救命率が低下すると言われています。そのため救急隊や医師が到着する前に、周囲の人たちが救命措置を施す必要がある場合も出てきます。そのときに活躍するのがAEDです。

興味深いデータがあるのですが、それは心停止から119番通報をして助かる割合は9.3%しかないのに対して、胸骨圧迫(心臓マッサージ)をすることで約2倍、さらにAEDを用いることで半数以上の命を救うことができるということです。AEDは特別な知識や技術が無くても、基本的には誰でも扱うことができます。AEDを設置する場合は、レンタルが便利でおすすめです。バッテリーや電極パッドなど使用期限のある消耗品が使われているため、購入してしまうと全部を買い替えなければならないのに対して、レンタルの場合は追加費用なしで消耗品を交換してくれるからです。

また1日だけ使用したいという場合などにも、レンタルは最適です。スポーツイベントやお祭りなど、もしものときのために準備している安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です