AEDを導入したい場合、レンタルをするか購入するか迷っている場合もあるでしょう。選択肢で迷ったときには、費用面から考えてみるのも1つの手です。例えば購入ではなく借りるという選択をすることで、初期費用を大幅に抑えることが可能です。一括購入すると十数万~二十万ほどかかることもありますが、借りる場合なら初期費用は最初の月額料金のみというケースが多くなっています。

またAEDをレンタルする場合、初期費用が抑えられるだけではなく予算を決めやすいというのもポイントの1つです。必要となる費用は月額料金のみで、メンテナンス費用が突然必要になることはありません。契約期間中は基本的に同じ料金なので、長期的な予算を考えて利用することが可能です。AEDをレンタルする契約によっては、動産保険が付く場合も見られます。

動産保険が付く場合には、盗難や破損などの損害があった場合に、補償が受けられます。補償の範囲は契約内容によって異なるので、事前に確認したうえで契約しましょう。また動産保険に加入しておくことで、万が一のトラブルが起きた場合でも落ち着いて対処がしやすくなります。ほかにもAEDのレンタルで注目するべき点の1つが、固定資産税が必要ないという点です。

固定資産税は所有者側が支払うので、予算に組み込む必要はありません。さらに月額料金は経費に含まれるなどの点を押さえたうえで、借りる場合にかかるお金の問題を考えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です