がん検診と聞くと、怖いと思いがちですが 実は怖くありません。がん検診でガンが発見されると、怖いから【がん検診】を受けない。または、ガンが見つかっても治らないから検診を受けない。など それは間違いです。

ガンは症状が出てからでは進行しているケースが多く、実は無症状のうちに発見するのが一番良いのです。そのためには、がん検診が一番最適です。例えば咳がでるなどの症状があれば、病院に行き診療科を選べますが無症状では選びようもなく見つける事ができません。そのため、まずは『がん検診』を専門にしている所に行き 問診をして頂いて年齢や性別 生活環境に合わせて、今自分に 一番必要な検診を教えてもらってから検診をする事をおすすめします。

検診自体は色々なものがあり、血液検査から放射性同位元素を使用するPET検査や 超音波の力で検査するエコー検査 CT検査などさまざまなものがあります。一時、話題になったPET検査では 全身のガンがくまなく分かるなど言われていましたが 実はすべてに適応できるわけではありません。PET検査の場合は、炎症を伴う部位にも 薬が集まる習性のモノがあり写真上に写ったからといって『ガン』と断言できない事がよくあります。そのためまずは、検診専門の機関に相談に行き 自分自身にあった検診を選択することが重要です。

全身をくまなく検査する事も良いですが、小さな早期の病期を見つけるのは『森の中で 一枚の葉っぱを見つけるようなもの』で やはり検査部位を絞って検査する事が良いです。AEDのレンタルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です