心臓病や脳血管疾患と共にがんは長い間、日本における三大死因の一角を占めています。日本での1年間におけるがんが原因で死亡する人の数は、およそ34万人強と言われていて、高齢者の3人から4人の1人の割合で何かしたのがんになります。近年の特徴としては、40歳代から50歳代の働き盛りの人ががんを発症するケースが増えていて、一家を支えている人が亡くなられることは大きなダメージと言えます。がんの早期発見のために効果があると考えられるものが、がん検診となります。

症状があらわれていなくても、年に1回は受診することが重要です。日本人の臓器別のがん死亡率は男性の場合で、肺、胃、大腸、肝臓、膵臓となります。女性の場合では大腸、肺、胃、膵臓、乳房のがんが多い割合となります。医療機関では肺がんや胃がん、大腸がん、前立腺がん検診など幅広い臓器のがん検診に対応しているところが増えています。

医療機関に設置されているがん発見に役立つ検査としては、超音波検査やCT、MRI、各種腫瘍マーカー測定などがあります。日本人のがん死因のうちの男性で1位、女性で2位を占めているものが肺がんになります。肺がんの検査は胸部エックス線撮影を行う方法となり、検査の結果が出ると呼吸器科系の専門医のほうから説明を受けることができます。急いで治療を行うべき結果が出たときには、受診してからすぐに精密検査に移行します。

肺がんが疑われる結果が出たとkには、胸部CTや喀痰細胞診を行って調べることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です