日本人の特徴として死因の上位にがんがありますので、がん検診を受けることで早期発見することが大切です。30代から50代の女性に多い症状として、子宮がんに注意する必要があります。子宮がんの発生は、人体の中で最もがんが生じやすい部位の1つであることがわかっています。子宮がんについては、どのような程度のものが発見されるのか、早期発見ができるのかによってがんが発症している場合でも治癒する可能性が高いものと言えます。

子宮がんは子宮の下部にできるものと上部にできるものに分けることができますが、子宮がんのうちの97%は子宮頸がんとなります。発症しやすい年齢層は35歳から50歳にかえて大幅に増える特徴があって、そのうち30歳の方は5%から8%ほどの割合で発症します。素早く発見することによって治癒する見込みの高い病気ですので、年に1回のがん検診を受けることが重要です。がん検診は市民検診でも受診することが可能で、30歳を過ぎたあたりから検診を受けることが勧められています。

保険所や各種産婦人科医院でも実施が行われていて、検査の内容は膣内の分泌物を採取するだけで行えます。時間も短い時間で行える検査となりますし、無痛で受けられる内容ということで身体への負担も少ないものと言えます。子宮がんは発症する場所が限られていて、小さい範囲内の検査で済みますので、1度検査を受けたらがんの発症を見落とす確率は低いと考えられます。異常なしの結果がでれば、1年間安心して過ごせますのでがん検診を受けることが推奨されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です